« 見殺しにする子はどっち? 母親に迫られた究極の選択! | Main | おねえちゃん、これ見てごらん! ギリシアにもいたセクハラ男 »

2006.03.27

クアトルツメラルンプールってどこのこと? 校正恐るべし!

 毎度、誤植が多くて自分でも嫌になる。でも、いまはまだいい。打ち間違えたとか、変換ミスだとか言い訳できるから。
 手書き原稿のころはこうはいかなかった。自分の手で書いているんだもの、言い訳はできない。無学がすぐバレてしまうのだ。

 倉阪鬼一郎の『活字狂想曲』(幻冬舎文庫)は、怪奇小説作家である著者が、印刷所で校正の仕事をしていたころの実録である。

 「クアララルンプール」と「ラ」の字が1つ多いので「トルツメ」と赤字を入れたところ、「クアトルツメラルンプール」と打たれてきたこと。
 「百メーター走るごとに」の「メーター」を「メートル」に直す指定をしたら「百メー走るごとに」になってしまったこと(業界の方ならおわかりですね)など、抱腹絶倒のエピソードが満載だ。

(おっと、今、あやうく「倉阪」を「倉坂」と誤植しそうになった)

|

« 見殺しにする子はどっち? 母親に迫られた究極の選択! | Main | おねえちゃん、これ見てごらん! ギリシアにもいたセクハラ男 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference クアトルツメラルンプールってどこのこと? 校正恐るべし!:

« 見殺しにする子はどっち? 母親に迫られた究極の選択! | Main | おねえちゃん、これ見てごらん! ギリシアにもいたセクハラ男 »