« 『広辞苑(第二版)』の最後の見出し語は傑作だ。 | Main | 鼻から入って脳を食う虫ってなんだ! »

2006.03.18

『徒然草』は、想像以上に面白い話の宝庫だ。

『徒然草』を、ただの堅苦しい人生訓ばかりでてくる本だと思ったら大間違いだ。面白い話の宝庫なのである。
 たとえば、第四十段の話はこうだ。
 因幡の国(今の鳥取県)の、ある娘はたいへん美人なので、多くの男が求婚した。しかし、親はどうしても許さなかった。
 なぜか?
 この娘は米、麦などの穀類を食べず、栗しか食べなかったからだ。
「かかる異様の者、人に見ゆべきにあらず(このような変わり者は嫁ぐべきではない)」
 前代未聞の理由である。
 『徒然草』を読むときのひとつの楽しみは、このように変な話を探すことだ。

|

« 『広辞苑(第二版)』の最後の見出し語は傑作だ。 | Main | 鼻から入って脳を食う虫ってなんだ! »

Comments

hello there and thank you forr your info - Ihave definitely picked up anything new from right here. I did howsever expertise some technical points usiing this site, as I experienced to reload the site many times previous to I could get it to load properly. I haad been wondering if yor web host is OK? Not that I am complaining, buut slow loading instances times will often affect your placxement in google aand could damage your high-quality score if ads and marketing with Adwords. Anyway I am adding this RSS to my email and can look oout foor much more of your respective intriguing content. Ensure that you updae this again soon.

Posted by: bluetooth speakers | 2014.02.02 10:02 AM

If you are going for most excellent contents like I do, only pay a quick visit this site everyday as iit provides feature contents, thanks

Posted by: tv armoires for flat screens | 2014.02.07 04:30 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 『徒然草』は、想像以上に面白い話の宝庫だ。:

« 『広辞苑(第二版)』の最後の見出し語は傑作だ。 | Main | 鼻から入って脳を食う虫ってなんだ! »