« 砂漠の下に眠るという古代都市を見てみたくないか | Main | 文学上の刺客に会うのは文学者の宿命のようなもの »

2006.04.25

金がある人間ほど金を使わない不思議

 景気が悪くなってからだいぶたつが、素人考えで、景気回復の方法はひとつしかないような気がする。
 金持ってるヤツは使えよ!
 ということである。
 フリーライターの何倍も稼いでるヤツが100円ショップやブックオフに行くんじゃねえ! 海外旅行なんかに行かないで国内に金落とせ! パチンコにつぎ込んで北朝鮮援助なんかしてんじゃねえ!

 この辺でやめておく。
 バルザック『ウジェニー・グランデ』(岩波文庫)のグランデ爺さんの生きがいは、こっそり貯めた金をあかず眺めること。
 けちけち節約人生で、莫大な資産は使い道もなく膨れていく一方だった。
 セコセコ教育で、自分の家が大金持ちだとも知らないウジェニー・グランデは、金銭欲にとりつかれた従兄弟シャルルに捨てられてしまう。

 シャルルとの結婚を反対していた金の亡者グランデ爺さんのほうが、純真無垢な娘よりも人を見る目はあった。
 そして、金などに何の価値も見いださなかった娘のほうが大富豪となるのである。

 金は、欲しい人間の元にはなかなか集まらない。

|

« 砂漠の下に眠るという古代都市を見てみたくないか | Main | 文学上の刺客に会うのは文学者の宿命のようなもの »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 金がある人間ほど金を使わない不思議:

« 砂漠の下に眠るという古代都市を見てみたくないか | Main | 文学上の刺客に会うのは文学者の宿命のようなもの »