« アナタガタハ、カチクイカネ | Main | 不況は会議場で起こっているんじゃない。現場で起こってるんだ! »

2006.05.26

山よ、悪魔が棲むと人のいう……

子どものころ、家の近くには、林がたくさんあり、よく遊び場としていたものだ。
 仲間たちといっしょにいるときはいいが、ふとはぐれて一人きりになったとき、林は寂しく恐ろしい場所に変身した。いかにも神隠しが起こりそうな……。

 柳田国男がよく書いているように、昔の人が森林に神や魔物が棲むと考えていたのが理解できる。いま、思えば、遊んでいるうちにもしっかり民俗学していたのである。

 今日読んだのは『ゴーリキー短編集』(岩波文庫)のなかの「イゼルギリ婆さん」。この本に収められているのは、ゴーリキーが放浪生活のなかで生みだした作品たちであるという。
 ロシアの、日本のものとはひと味違う暗い森林の中で起こった奇跡の話。いやというほどロシア文学らしい陰鬱な物語だ。でも好き。

|

« アナタガタハ、カチクイカネ | Main | 不況は会議場で起こっているんじゃない。現場で起こってるんだ! »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 山よ、悪魔が棲むと人のいう……:

« アナタガタハ、カチクイカネ | Main | 不況は会議場で起こっているんじゃない。現場で起こってるんだ! »