« 音楽は百害あって一利なし? | Main | 電車内でナイフをくれと叫ぶ男 »

2006.08.15

3000年前の密室殺人を解決せよ!

 今日は午前中に取材1本、夜は知人と会食と、一日中外に出ていることになりそうだ。

 というわけで、朝の読書はムリなので、最近読んだミステリーのなかで面白かった本でも取り上げよう。

 柄刀一(つかとう・はじめ)『3000年の密室』(光文社文庫)。
 3000年前の縄文人のミイラが密室状態の洞窟のなかで発見された。しかも、このミイラは他殺された形跡があった。
 密室状態の洞窟から犯人はどこに消えたのか。
 なんと、3000年前の密室殺人の謎解きがはじまる。

 意表を突く犯罪だが、最後に、思いもしなかった真実がわかる本格推理ものだ。
 謎解きと、縄文人ミイラの発見をめぐる現代のドタバタが絡ませてあって飽きさせない。
 この作者、なかなか筆力があるので、本格推理好きの方にはお勧めです。

|

« 音楽は百害あって一利なし? | Main | 電車内でナイフをくれと叫ぶ男 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 3000年前の密室殺人を解決せよ!:

« 音楽は百害あって一利なし? | Main | 電車内でナイフをくれと叫ぶ男 »