« 『私の彼は意味がない』 | Main | 漱石「夢十夜」 »

2007.01.31

新書激戦時代

新刊の打ち上げとして、編集担当の方から、ロシア料理をごちそうになる。

最近の新書の話をする。
新書の世界では、新規参入ラッシュで、棚を確保するのがむずかしくなっているということ。
昔のように、棚差しでロングセラーをねらう、というのがむずかしくなっているのだ。

つまり、リアル書店では、新書はロングテールの商品たりえなくなっている。
いきおい、新刊平積みで勝負することになる。
その間、話題になった本は増刷できるが、それ以外はむずかしい。
雑誌のような売り方になっているのだ。

書店の状況が、激動しているのを実感した。

|

« 『私の彼は意味がない』 | Main | 漱石「夢十夜」 »