« December 2007 | Main | February 2008 »

2008.01.30

意味貧なタイトル

大修館が中学生に募集した造語だそうだ。
http://www.taishukan.co.jp/meikyo_campaign2/happyo/can2_taisyo.html

意味深ではなくて「意味貧」。
もちろん、意味が貧弱なことだ。

そのほか、

「うろわかる」(うろ覚えのうろとわかるをあわせて、なんとなく意味がわかること)

「土星本能」(輪をかけて話を大げさにしたがること)

「半瞬」(一瞬よりさらに短い時間)

「貧格」(品位がないこと)

などなど。

中学生の言葉への感性がうろわかる。

|

2008.01.29

天命を知る

別に、悟ったわけではない。

年賀状の一枚で、昔の仕事仲間だった人が、「定年まで八百八十一日になりました」と書いてきていたので思い当たったのだ。

いつの間にか、私も、それくらいの年になっていたのである。

ぼちぼち、みんながリタイアを考える時期、そんな時期に、私はまだ新しい分野に挑戦しようとしている。

というとかっこいいようだが、悪あがきをしているような気がしないでもない。

ともかく、目の前の仕事を片づけること。

それとともに、まだ長期的な展望も抱いておきたいだけなのである。

|

2008.01.25

経済関係の本

久しぶりに経済関係本の仕事をさせていただいている。

思えば、私がライターとして駆け出しだったころは、経済関係の本をよく書いたものだ。
もちろん、経済は門外漢だったのだけれど、勉強すればそれなりにおもしろい世界であることはわかった。
ついには、『10年後の日本経済が見える本』(牧野昇氏監修・DHC)などという大それた本まで出してしまった。

文系、理系という分け方があるが、経済関係の仕事をしてみて、もう一つ、経済系という人たちがいるのではないかと感じた。
いろいろお付き合いさせていただいて、経済関係の人たちは、文系とか理系とかいう枠組みには収まりそうもない気がしたのだ。それは新鮮な体験だった。

あのころはまだバブリーな時代であっただけに、懐かしい思いを感じながら、経済系の本に取り組んでいる。

|

2008.01.24

春の朗報

あのH木数子の二つの番組が、3月で打ち切られるそうだ。
元々私は、彼女の番組が、なぜあんなに視聴率をとっていたのか、さっぱり理解できない。
理解不能である。
だから、打ち切られようが知ったことではない、でも愉快である。

どうやら、この女の周辺には、きな臭い情報がうずまいているか、そのうちマスコミから手を返したようなバッシングがはじまるだろう。


この女の周辺が怪しくなってきたということは、もう一人、似たように、信じがたい常識に反した言説を繰りだすE・Hもやりにくくなってくるのではないか。
もっとも、この男を批判すると、出版界を追放される恐れがあるという。

あぶないあぶない。もう少しおとなしくしてよ。

|

2008.01.20

久しぶりの夜型生活

ワケあって、十年ぶりくらいで、夜型の生活をしている。
ラジオの深夜放送や、仕事の合間に見るテレビが新鮮。

とくに、竹内薫さんの解説している、たけしの『コマネチ大学数学科』(フジテレビ)が出色のおもしろさだ。
数学の難問を、日常のわかりやすい事例に置き換え、軍団、現役東大生などが挑戦する。

笑いあり、涙あり(?)、竹内さんの明快な解説で、最後は、ふ~ん!と感心。
数学も、こうしてショー化して見せることがせきるんだなあ。
この番組がエミー賞にノミネートされたというのも理解できる。


朝方、散歩にでる。
夜型は、つい運動不足になりやすいからだ。
ビリーズブートキャンプの動きを取り入れながら、軽快に(?)歩く。

途中で繁華街を通りかかる。
朝5時でも開いている店がたくさんある。
寄りたい!
でも、仕事があるからだめ。

家に戻るころ、日が開け始める。
ああ、美しい。地球に生まれてきてよかった。なんてね。

さあ、今日も、朝までがんばるぞ!

|

2008.01.15

エビちゃんに期待する

といっても、カリスマモデルのエビちゃんのことではない。

いま服用している「エビ○○○○」に、私が勝手につけた愛称である。

けっこう効いている気がする。

よし、仕事ばりばりやるぞ!

|

2008.01.13

景気悪いだと~!

どうも、みんな、景気悪い、景気悪いと言いすぎるんじゃないの。

原油値上げによる、食品などの値上げが背景にあるらしいけど、

どうせ、数十円以内の値上げでしょうが。

その程度で、景気悪くなるなんていうなよ。

企業のなかには、厳しくなるところもあるかもしれないが、

一般庶民に対する値上げの影響なんて大したことないだろう。

そもそも、私は、100円ショップや安いリサイクルショップがもてはやされること自体、あまり感心しない。

安いってことは、どこかにしわよせがいってるんだよ。
そのしわ寄せは、やがて、我々に及んでくる。

値上げ、大いに結構だ。

暗い顔してないでさ~、

明るく行こうよ。

そうすりゃ、景気もよくなると思うよ。

|

« December 2007 | Main | February 2008 »