« 鏡の魔術 | Main | サテュリコン »

2011.07.20

人間、この了解しがたきもの

犯罪もの2冊を読む。

世の中には、あまりにひどい事件で、
ニュースにならない犯罪がある。

※以下、犯罪ものが苦手な人は、読まないでくださいね。

『消された一家』豊田正義(新潮文庫)

ほとんど、世の中に知られていない事件だ。
テレビも新聞も詳細に報道するのをためらったからである。

男と内縁の妻が、2家族7人(子ども2人を含む)を殺害。
(実際には、男は直接手を下さなかった)。
妻はDVの被害者で、無理やり加担させられた。

私も、平成14年に、北九州で少女が警察に
保護されたというニュースだけは覚えている。
その後、いっさい、マスコミでは報道されなかった。

犯人の男は弁舌がたち、ときに法廷を笑わせた
ことさえあったという。

人間、この信じ難きもの。


『凶悪』「新潮45」編集部編(新潮文庫)

「先生」と呼ばれる不動産ブローカーのまわりで
連続して発生する、行方不明者、自殺者……。

本件は、死刑判決を受けた殺人者が告発し、
記者が調査して、警察を動かした。

多数の凶悪殺人を犯しながら、平気な顔で生活する
「先生」に戦慄を覚える。

帯には、佐藤優氏が評を寄せている。
「少なくとも過去十年に私が読んだ殺人事件を
 扱ったノンフィクションのなかで
 最大の衝撃を受けた作品である」

あと、埼玉愛犬家連続殺人の共犯者が著した
(ゴーストライターがいるだろうが)
『愛犬家連続殺人』志麻永幸(角川文庫)も
すごい話のようだ。
『悪魔を憐れむ歌』蓮見圭一(幻冬舎)も
同じ事件を扱っているらしい。

|

« 鏡の魔術 | Main | サテュリコン »