« サテュリコン | Main | 東西歴史書 »

2011.08.30

「IS ~男でも女でもない性」

テレ東「IS ~男でも女でもない性~」にはまる。

原作は六花チヨさんの「IS」。
さすがは日本の漫画はテーマが広い。
でも原作は未読。

ISは「インターセクシュアル」の略とのこと。
俗に「半陰陽」「ふたなり」などとも呼ばれるが、
身体的に男か女か区別がつかない様をさす。

主人公は精神的には男なのに体は女性化していく春と、
中身は女性なのに体が男性化していく美和子。

くしくも同じ高校に入ってきた二人が、自分の体の変化や
心理のずれに戸惑いながらも、さまざまな葛藤を
乗り越えていこうとする話だ。

春役の福田沙紀はかつて「クイズヘキサゴン」で
おバカタレントとして活躍していたとは信じられない
みごとな役作り。
揺れる男心(女心)の切なさつらさを鮮やかに表現している。

美和子役の剛力彩芽も、ただの美少女役ではなく、
引き裂かれ煩悶する心理を巧みに演じている。

心は男なのに、男の先輩に恋ごころを抱いてしまうのは
なぜなのか。

自分にはありえない設定なのに、
なぜか深く感情移入させられる。

そして、なにより、下手をすれば「キワモノ」になってしまうテーマへの
スタッフの真摯な取り組みが伝わってくる。

最近のテレビドラマの中でも秀逸な作品だ。

|

« サテュリコン | Main | 東西歴史書 »