« October 2011 | Main | February 2012 »

2011.11.01

仕事の合間に

仕事に飽いたとき、軽く読める本を
いつも用意している。

いまは、根岸鎮衛『耳嚢(みみぶくろ)』全三巻(岩波文庫)。
江戸期の珍談奇談を集めた本。
古文でも、江戸期のものになると、
わりとかんたんに理解できる。

ちなみに木原浩勝・中山市朗『新耳袋』(扶桑社)
は、本物の『耳嚢』には到底及ばない駄作だ。

歯磨き時に読む本はいまは柴田宵曲『団扇の画』
(岩波文庫)を選んだ。
森銑三・柴田宵曲『書物』が面白かったから。
豊富な古書の知識をもとに、珍奇な題材を
趣向を凝らして開示してくれる。
まるで、南方熊楠や澁澤龍彦を読んでいるようだ。

|

« October 2011 | Main | February 2012 »