« 蛾 | Main | シンボル形式の哲学 »

2012.04.23

大伽藍

昔から贔屓にしていた古本屋さんが、
突然店をたたんでしまった。
びっくりした。

よく家まで買い取りに来てもらっていた。
(私は絶対ブックオフは利用しない。物書きを業とする者として、
本物の新刊書店さんや、本物の古本屋さんへの仁義だ)
さあ、いままで何百冊くらいになるだろうか(大げさか)。

そのうち購入しようとねらっていた
ユイスマンスの『大伽藍』(桃源社)は、
どうなっただろうか?

|

« 蛾 | Main | シンボル形式の哲学 »