« 新感覚派 | Main | 零人・天狗 »

2012.04.28

満州放浪篇

『橘外男ワンダーランド 満州放浪篇』
(中央書院)を入手。

これで、橘外男の本は、現在手に入る限りで
おおむねそろった。
あと、最初期の作品がいくつかあるが、
古書価が高すぎて、とても手がでない。

なにしろ、夢野久作、久生十蘭、小栗虫太郎など、
ほかの異端作家のようなまとまった全集が、
まだないのだ。

桃源社、現代教養文庫、中公文庫、中央書院
などでバラバラに作品集が出ているだけ。

でも、これだけでも、橘ワールドは満喫できる。
十蘭、虫太郎より、少しクオリティは
落ちるかもしれないが、強烈なアクの強さが魅力だ。

橘作品は、ジャンルが広い。
最初期の純愛告白系小説。
海外ルポ系実話(と称する)小説。
海外伝奇小説。
純然たる日本的怪談。
ユーモア小説。
満州放浪体験記。
晩年の自伝系作品。

私がいちばん評価するのは、「蒲団」「逗子物語」
などの怪談作家としての橘外男だ。
ほかのジャンルの作品より、迫真力抜群で、
レベルがずばぬけて高い。

ちくま文庫『橘外男集』(怪奇探偵小説名作選5)
の帯にある、「日本文学史上最もこわい怪奇小説
作家登場」というコピーはあながち嘘ではない。

|

« 新感覚派 | Main | 零人・天狗 »