« 零人・天狗 | Main | 9月はほうき星が流れる時 »

2012.04.30

成層圏魔城


小栗虫太郎は、
桃源社の小栗シリーズ全8巻(のち9巻)
をそろえれば、全作品が読める。 (ただし、
「エル・ドラドー」という短編だけは未発見)。

私ははじめて虫太郎に接した教養文庫版全5巻に
愛着があるので、この文庫を中心にして集めてきた。

なので、「黒死館殺人事件」は教養文庫版、
ほかの法水麟太郎ものは、扶桑社文庫
『失楽園殺人事件』『二十世紀鉄仮面』の2冊で、
魔境ものは、角川ホラー文庫『人外魔境』で補った。

そのほかは、桃源社版5冊を入手。


小栗作品は20代で読んだときは、まったく理解できず、
40歳過ぎて読んだら、異常に面白かった。
ある程度年齢を重ねないと面白さは感じないようだ。

それから、法水ものと、代表作はほとんど読み、
残すは、桃源社『成吉思汗の後宮』『絶景万国博覧会』
『成層圏魔城』に収められている短編だけになった。

虫太郎は外国語に強かったようだが、教養文庫版編集担当
の松山俊太郎氏によると、けっこう発音はいいかげんで、
間違いがたくさん見つかったという。

それにもかかわらず、どこから探したのかわからないような
へんちくりんな洋書から珍奇な情報を仕入れ、あれだけの
独自な小栗ワールドを築いたのだからたいしたものだ。

もし、私も小説家になれるような機会があるのなら、
虫太郎のような、若い者なんぞには理解できない作品を
書いてみたいと思う。

|

« 零人・天狗 | Main | 9月はほうき星が流れる時 »