« シンボル形式の哲学 | Main | 新感覚派 »

2012.04.26

レティクル座妄想

元気よく仕事しようと思って、
筋肉少女帯の『レティクル座妄想』をかける。
無比無類超凡超俗のアルバムだ。

ハードな曲の間にはさまれた「愛のためいき」が
琴線に触れる(大林宣彦監督『時をかける少女』挿入歌カバー)。

大槻ケンヂとみうらじゅん。
この二人のセンスにはかなわない。
沈黙あるのみ。


昨日はノルマを達せなかった。
今日、取り戻さなければ。
すぐ、次の仕事が待っているのだ。


いま、好きな女性タレント。

●優香
相変わらずかわいいし、性格もいい。
悪いうわさをきいたことがない。
東北大震災にショックを受け、司会業から、
本当にやりたい女優業にシフトしている。
清水崇監督『輪廻』の演技もすごく良かった。
努力家だし、根性がある。

●黛英里佳(まゆずみ えりか)
「秘密のケンミンshow」の「辞令は突然に…」
コーナーのはるみ役。
この番組、司会者は2人とも嫌いだけど(笑)、
このコーナーだけは好き。

●井森美幸
よく「えーっ」と言われるが、けっこう好きかも。
最初はただのうるさいタレントと思っていたが、
けっこう仕事に真摯にとりくんでいる。
何かを食べているときの口元が魅力的。
品もけっして悪くない。

◎あるクイズ番組にセーラー服で出てくる
菊川怜と村井美紀も好き(妻には内緒)。

その他、多数。


なぜか魅力を感じない女性タレント。

ベッキー
黒木メイサ
梨花

ノーコメント。

|

« シンボル形式の哲学 | Main | 新感覚派 »