« 「黴(かび)」「爛(ただれ)」 | Main | 大伽藍 »

2012.04.22

これも、もはや手放してしまった本だ。

ロザリンド・アッシュ『蛾』(サンリオSF文庫)。

一部の読者の間では、有名なコレクターズ・アイテム
となっていた。
作者とか中身がどうこういうのではない。

後ろの自社目録に、レイ・ブラッドベリの
『万華鏡』という本が紹介されている。
その訳者のところが、「川本三郎=誤訳」と
なっているのである。

世にも珍しい誤植だ。

私が買った本には、「誤訳」の部分に
シールが貼ってあった。

いまでも、サンリオSF文庫のなかで、
もっとも古書価が高いはずだ。

まあ、ある意味、こんなことでしか話題に
ならなかった気の毒な本ではある。
訳者は工藤政司氏。

|

« 「黴(かび)」「爛(ただれ)」 | Main | 大伽藍 »