« 初期ギリシア自然哲学者断片集 | Main | 立ち飲み発想法 »

2012.05.31

読者という聖域

文庫版。
期限まで今日1日。

読み直していると、つい、
あちこち、手直ししたくなってしまう。
時間との相談だ。


私が勝手に師の一人と仰ぐ呉智英氏が、
かつて、
「読者という聖域をつくらせない」
と述べたことがある。

ふつう、一般読者の投稿や批評などには、
作者が批判したり、反論したりすることはない。
読者は、侵してはならない聖域となっているのだ。


私もアマゾンやブログで酷評されるのには慣れてきた。
だんだん気にならなくなってくるのだ。
理由のひとつは、いくら酷評されても、
売上には大して影響しないからだ(笑)。


だが、たまには、ボコボコにしてやろう。
読者という聖域をつくらせないために。
(本当はストレスたまってるからかなw)。


私のある本の
アマゾン読者レビューでこんなのがあった。

★1つ。
「まったく科学的ではなく、ネット上の
トリビアをコピペしたような糞みたいな
チラシ裏の文章。
久しぶりに、こんな酷い駄書を読んだ。」

まあ、使用済ティッシュの裏みたいなレビューだ。

ツッコミどころはたくさんあるが、
とりあえず、このレビュアーの、
ほかの本に対するレビューも見てみよう。
(ヒマだねえ。本当はこんな時間ないんだけど)

そうしたら★1つだらけだ。
「駄書(駄本?)」というのは、このレビュアーの
口癖らしい。
というか、ほかの表現を知らないようだ。

よくこれだけ「駄書」ばかり読んでるねえ(笑)。
少しは、本選べばいいのに(笑)。

おっ、珍しく★5つの本があった。
健康関連の本。
タハハ(脱力)。
相手にするんじゃなかった。

「痩せた!1週間でお腹が少しだけへっこんだ!
米だけを抜いて、お菓子は普通に食べてたけれど、
それでも少し効果があった!
次からはもっと糖質を抜こうと思う。お菓子を中心に。」


もし、私の本をちゃんと買っていただいたのでしたら、
ありがとうございました!

もし、図書館で借りたか、ブックオフで買ったのなら、
次からは、本物の新刊書店かアマゾンで買ってください!

ね、Wさん。(あ、書いちゃったww)

|

« 初期ギリシア自然哲学者断片集 | Main | 立ち飲み発想法 »