« 死ぬときに人はどうなる10の質問 | Main | 破滅の日 »

2012.06.12

ニッポン犯罪狂時代

大阪で嫌な事件があった。

狂った奴が、全然無関係な人を2人も
刺し殺したのだ。

「死刑になりたかった」のだという。


こういう奴がでると、死刑反対論者が
大喜びする。

「そら見ろ、死刑なんて犯罪抑止力がないのだ」

この連中は、こんなレアなケースばかり挙げて、
死刑反対の根拠にする。


こんな輩に対して、犯罪被害者、遺族、それらの支援者が
かならず投げかける問いがある。

「あなたやあなたの家族が突然殺されたら、
 死刑反対などと言えるのか」と。

彼らは、考えようともしない。
自分たちが被害者になったと想像する力がない。
答えようともしない。


あるいは、被害者でも死刑反対をしている人がいる、
と、これまたレアなケースを挙げて反論する。


こいつらはイデオロギーの奴隷になっているのだ。
犯罪者は国家に弾圧されている。
私たちは国家権力が行う人殺しを断じて許さない。
死刑ほど残酷な殺人はない。

死刑が残酷なら、馬乗りになって何度も人を刺すのは
残酷ではないのか。

まだ言いたいことはあるが、これくらいにしておこう。


『ニッポン犯罪狂時代』北芝健(扶桑社)

内容はあえて紹介しない。
私の主張するのと同じことが書いてある。

私は、読書ジャンルの1つに犯罪ものがあるのだが、
そのうちの1冊だ。


もちろん、ミステリーにも、
伊坂幸太郎『重力ピエロ』(新潮文庫)、
東野圭吾『さまよう刃』(角川文庫)など、
犯罪問題を深く考えさせられる傑作もある。

今後、そんなジャンルにも触れていきたい。

|

« 死ぬときに人はどうなる10の質問 | Main | 破滅の日 »