« 校門の時計だけが知っている | Main | 青蛙堂鬼談 »

2012.07.12

はげまして はげまされて

新党の名称、書くのも恥ずかしい。
バッッッカじゃないの!
まったく、わかっていない。
国民の生活を守るなんて当たり前だ。

だが、政治家の最大の役割、
それは、国民の安全を守ること。
「国民の"安全"が第一」だろ!

こんな政党に、安心して政治任せられるか!
日本が乗っ取られちまう。


気分を変えて、ほっこりした本を読んだ。

●『はげまして はげまされて
  93歳正造じいちゃん56年間のまんが絵日記』
  竹浪正造(廣済堂出版)

青森県北津軽郡の著者が、長男のわんぱくぶりを
記録しようとして、1955年にはじめた絵日記が
56年間分溜まった。

当時(昭和)の生活感たっぷりの、のほほんとした
郷愁あふれる画文集。

奥さん、娘さんの早すぎる死も哀切だ。

絵もなかなかうまいし、ユーモアもたっぷりだ。
大正、昭和、平成を生きた一庶民の歴史としても、
戦後史の貴重な記録としても読める。

テレビ番組で紹介されたことをきっかけに出版へ。
56年間分の日記(1日も欠かしていない)を、
192ページに収めてあるので、あっさりしている感はあるが、
それでも、心を動かされる場面がいっぱいだ。

ああ、心が洗われる時間を過ごさせてもらった。
新党の連中も学ばせていただけ!

|

« 校門の時計だけが知っている | Main | 青蛙堂鬼談 »