« 純文学の、はからずもエロス | Main | ロマンティック・リハビリテーション »

2012.08.08

センチメンタルな旅・冬の旅

資料のうちの一冊。
やはり、涙なしでは見られなかった。


●『センチメンタルな旅・冬の旅』
  荒木経惟(新潮社)

「センチメンタルな旅」は、陽子夫人との
新婚旅行の写真。

「冬の旅」は陽子夫人の闘病と死に至るまでの記録。
といっても、陽子夫人本人の写真は少なく、
通りすがりの街や自宅や愛猫チロなどの写真がほとんど。

その、なんでもない心象風景がまた泣かせるのだ。
アラーキーの思ひが、ファインダーのこちら側から
投影している!

こんな写真、天才アラーキーにしか撮れない。

|

« 純文学の、はからずもエロス | Main | ロマンティック・リハビリテーション »