« 老後の読書について | Main | レオナルド・ダ・ヴィンチの手記 »

2012.08.30

シェイクスピアの鳥類学

ついに、締切を切られてしまった。
9月10日までに、どうしてもこの仕事を
終わらせなければならなくなった。

超集中だ。

家の外に出る時間を制限し、
散歩も自粛。
もちろん酒断ちも。

資料を読んでも、ちょっと、内容がどうかと
いうときは、早めに「ボツ」にする。
無駄な時間を少しでも省くため。

こんなときでも、できるだけ、仕事に関係ない本
に目を通しておきたい。


●『シェイクスピアの鳥類学』
  ジェイムズ・E・ハーティング(博品社)

博品社の「博物学ドキュメント」のシリーズの1冊。
シェイクスピアの作品には、鳥の記述がかなり多く、
鳥類に関するそうとうな知識があったようだ。

本書ではそれを詳細に分析する。
まあ、読んでもまったく何の役にも立ちそうもない。

いいねえ。

|

« 老後の読書について | Main | レオナルド・ダ・ヴィンチの手記 »