« デッド寿司 | Main | 想像力博物館 »

2012.08.01

突飛なるものの歴史

資料以外の本を読む時間が
なかなかできない。

知らないうちにインストールされていた
変換ソフト「Baidu IME」は結構軽快だ。
すぐに変換予想が表示される。
携帯のメールみたいな感じ。

とくに、人名などの固有名詞が充実している。

澁澤龍彦、種村季弘、日夏耿之介などが、

すらっと出てくるところが憎い。
ええっ、このソフト開発しているのは、
どんな人なんだ?!

澁澤龍彦や種村季弘が愛読していたのが、
これだ(もちろん原書を)。

●『突飛なるものの歴史』ロミ(作品社)

現在は、平凡社から「完全版」が出ているが、
私の持っているのは、作品社のもの。

突飛な、
幻想動物、空想旅行、イマージュ、作家、物語
などが、豊富な図版とともに紹介される。

雑多な玩具箱を覗くような甘美な時間。
忙しいときに、拾い読みするのも楽しい。

|

« デッド寿司 | Main | 想像力博物館 »