« 黙示録論 | Main | 桜の森の満開の下 »

2012.09.12

黙示録論2

11月の予定だった、ヴァン・ヘイレンの
ドーム公演が延期になってしまった。
エディが緊急の手術をしたためである。
4~6か月は必要だとか。

公演は来年に持ち越される予定だが、
大丈夫かなあ。エディ。
しびれるギター、聴かせてくれ!

鎖骨にヒビが入っているようだが、
放っておいたら、だんだん、
痛くなくなってきた。
こういうの、医者に行っても、
別に特別な治療法はないからね。

アイザック・ニュートンは、ほとんどの時間を、
聖書研究に費やしていた。
なかでも研究の対象は、旧約聖書「ダニエル書」と、
新約聖書「ヨハネの黙示録」という、2つの黙示録だった。

出版されたニュートンの研究には、
『ダニエル書と聖ヨハネ黙示録の預言についての所見
(Observations Upon the Prophecies of Daniel
  and the Apocalypse of St. John. )』
がある。

ほかにも、出版されていない膨大な研究草稿があるのだ。


ニュートンは、黙示録の暗号を読み解くことによって、
あることを知ろうとしていた。

そのあることとは?

この先は、今年、出版される新刊に書いていますので、
よろしく!

|

« 黙示録論 | Main | 桜の森の満開の下 »