« 死にいたる病 | Main | 第七天国 »

2012.09.28

不死細胞ヒーラ

新しい仕事に入る。
それと並行して、
何冊が宿題の本を読む。

『鏡花全集』も再び読み始める。
現在、三巻目。

次に決まっている仕事の企画書を
来週までに書かなくちゃ。
画期的な本にしたい。
そのほか、いくつか企画書をまとめる。

10月から原宿の太田記念美術館で、
月岡芳年展がはじまる。

●『不死細胞ヒーラ 
  ヘンリエッタ・ラックスの永遠なる人生』
 レベッカ・スクルート/中里京子訳(講談社)


現在、世界中の医療研究所にかならずと
いっていいほど置かれているのが、
「ヒーラ細胞」だ。

元々は、1951年に亡くなった、
たった一人の黒人女性のガン細胞だ。

それが培養されて、なんと現在に至るまで、
増殖を続けているのである。

この細胞が、どれくらい医学の発展に
貢献してきたかはかりしれない。

しかし、元々の細胞の持ち主だった、
ヘンリエッタ・ラックスは、
そんなこととは夢にも思わなかった。

家族たちが、それを知らされたのも、
何年も経ってからだった。

ヘンリエッタはどんな女性だったのか、
その家族はその後どうなっていったのか。

著者の取材過程もスリリングで目が離せない。
科学書を読んで、久々に興奮した。

|

« 死にいたる病 | Main | 第七天国 »