« 桜の森の満開の下 | Main | 見本届く »

2012.09.16

癒しとしての死の哲学

締め切り延ばしてはもらったものの、
厳しい状況には違いない。
筋トレ、ストレッチ、散歩も
十分行なえない。

せめて、筋トレとストレッチだけは
やっとかないとな。
この歳だと、体力低下がはやい。

ビートルズ「イン・マイ・ライフ」
のイントロのピアノが好き。
何度聴いても飽きない曲。

面白そうなんだけどなあ。

●『癒しとしての死の哲学』
  小浜逸郎(洋泉社新書)

脳死と臓器移植、ガンと告知、安楽死。
医療の問題点をあげながら、
現代における死を哲学する。

おもしろい。
けれど、フーコーやハイデガーが
出てくると思考停止状態に。
いや、そんなに難解なことは書いていないのだけど。

ちょっと、いったん、保留にしとこう。

|

« 桜の森の満開の下 | Main | 見本届く »