« 誰が買うの? | Main | 地獄の読書録 »

2013.04.30

銀河ヒッチハイク・ガイド

少しずつ、体調が持ち直してきた。
あとはもう少し集中力がでれば……。

ウクレレ漫談の牧伸二さんが自殺か?
子供のころ、牧さんが司会をしていた
テレビの「大正テレビ寄席」を
楽しみにしていたものだ。
冥福を祈ります。


●『銀河ヒッチハイク・ガイド』
 ダグラス・アダムス(河出文庫)

ほんとにバカバカしいSFコメディ。
映画化もされているが未見。

銀河系に宇宙のバイパス道をつくるため、
勝手に地球が取り壊されてしまう。
生き残った人間は、まったく平凡なイギリス人
アーサー・デントただ一人。

アーサーは、銀河系でベストセラーの、
『銀河ヒッチハイク・ガイド』を手に、
銀河系を旅するはめになる。

ハチャメチャで、ご都合主義なストーリーだが、
魅了される。
続編も四冊あるのだが、とりあえず、
これ一冊でお腹いっぱいの感じ。

|

« 誰が買うの? | Main | 地獄の読書録 »