« 完全なる首長竜の日 | Main | 嫌いな人に逢ったことがない »

2013.05.28

マスコミの自堕落

バカバカしいにもほどがあるが、
この件について、これだけは言っておきたい。

まあ、もしかして、また友人が減るかも
しれないけどね。
でも、真実は捻じ曲げられない。


いま橋下市長の発言で騒ぎになっている、
いわゆる従軍慰安婦問題である。

この件については、突っつかなければならない
問題点が多すぎるけど、
ここで問題にしたいのは従軍慰安婦なる名称だ。


従軍慰安婦と聞いて、どんなイメージが
湧いてくるだろう。

軍人に強制的に連行された性の奴隷たち。
しかも、これらの慰安婦は、軍によって、
戦地の村々から拉致されてきた女性たちである……。
こんなイメージではないだろうか。

真実はこうだ。
現在、従軍慰安婦といわれている女性たちは、
娼家で金によって春をひさいでいた娼婦さんたちである。
利用する兵士たちもちゃんと金を払っていた。

売春行為であるということは、
現在の風俗嬢と違いはない(一緒にするなという
声はあるかもしれないが)。
大きな違いは、多くの女性は、貧しさゆえに
親や親戚に売られてきたということだ。
これは、国内でも同じような状況だったろう。

このような境遇の女性たちを貶める意図は、
私にはない。
素直に気の毒だったと思う。

売春がいいか悪いかは、あまりに根源的な
問題なので、ここでは立ち入らない。


しかし、私がここで問題にしたいのは、
いまだに、マスコミが「従軍慰安婦」などと
いう捏造語を無批判に使っている点だ。

この言葉は、戦後、千田夏光という作家
によって悪意をもって捏造された名称である。
そもそも戦中に、こんな言葉はなかった。

そして、吉田清治という虚言癖のある人物と、
少数の市民運動家(笑)や大手マスコミ によって、
強制連行された性の奴隷たちという
ありもしないイメージが刷り込まれた。


ありもしなかった、軍による慰安婦の強制連行が
世界的に真実として広まっている状況を、
すぐに止めることはできないかもしれないが、
せめて、「従軍慰安婦」などという誤解を招く
言葉をマスコミではよく検証してから
使ってもらいたいものだ。

|

« 完全なる首長竜の日 | Main | 嫌いな人に逢ったことがない »