« ユーチューブの進化 | Main | 映画「震える舌」 »

2013.11.20

夜のピクニック

気がつけば、11月もとうに半ばを過ぎている。
やらなければならないことが多すぎる。


●『夜のピクニック』恩田陸(新潮文庫)

仕事の関係で、評判の高い青春小説を読んでいる。

本書は本屋大賞受賞作。
ある高校で、全校生徒が、
一晩で80キロを歩き通すというイベントがある。

キャンプファイヤの夜のように、
非日常的な雰囲気のなか、友人同士、
ふだんは話せないようなことも口にだしてしまう。

主人公の甲田貴子と西脇融は、
お互い意識しながら、この日まで
口を聞いたこともなかった。
それがかえって、まわりから付き合って
いるのではないかと勘ぐられたりしている。

実は二人は、同じ父親を持つ
腹違いの兄弟だった。
貴子はこっそり、この夜、
心に決めたことがあった……。

思春期の、ときめきと不安。
とくに大きな事件が起こるわけではないが、
誰でも心当たりのある優しい思いにひたされる。

こんな気持ち、当の高校生より、大人のほうが
身につまされるのかもしれない。
読んで損のない一冊。

|

« ユーチューブの進化 | Main | 映画「震える舌」 »