« 日本の思想文化 | Main | ゼロ・グラビティ »

2014.05.28

戻る男

ようやく仕事も一段落。
長かった。
次の仕事の準備を始める。


●『戻る男』山本甲士
 中公文庫

ある日、作家である主人公のもとに、
タイムスリップ体験しないかという、
思い切り怪しい案内がくる。

ところが、それは本当だった。
主人公は、中学生のころに戻って、
いじめっ子を退治することに成功する。

次には、学生の頃、ふられた彼女を、
逆にふることができた。

これらは、過去を大幅に変更しない範囲で許された。

そして、三回目のタイムスリップにも挑戦する。

これらの体験は口外しないように主催者に
言われていたのだが、
主人公は、体験談として世に発表するつもりだった。

果たして体験は本当だったのか、
主人公は、裏取りを始めるのだが……。

久しぶりにエンタメ小説を一気読みした。
SFとミステリーを融合した面白さ。

満足して、次の仕事にかかるはずみとなった。

|

« 日本の思想文化 | Main | ゼロ・グラビティ »