« 満願 | Main | マスカレード・ホテル »

2015.01.04

その女アレックス

●『その女アレックス』ピエール・ルメートル
 (文春文庫)

昨日の『満願』は国内部門で第一位だったが、
こちらは「このミス」「文春」などで、国外部門第一位。
ルメートルはフランスの作家。

衝撃的な作品だ。
その女アレックスは、見知らぬ男に誘拐監禁される。
迫り来る死に必死であらがうアレックス。
一方、誘拐するところは通行人に目撃されていて、
警察も動き出す。

ここからは、アレックス側の視線と警察側の視線が
交互に描かれる。
警察には、被害者も加害者もまったく不明。
果たして、アレックスは救われるのか。

プロットについて書けるのはここまでだ。
全体は三部に分かれていて、
それぞれまったく予想外の展開となる。

どういう風に予想外なのか、それについても書けない。
ただ、言えるのはアレックスそのものが、
最大の謎だということだ。
こんなミステリーはこれまでなかった。
一位獲得というのもうなずける。

|

« 満願 | Main | マスカレード・ホテル »