« !(ビックリマーク) | Main | 断頭島(ギロチンアイランド) »

2017.01.17

北京の秋

●『北京の秋』ボリス・ヴィアン(早川書房)

テリー・ギリアム監督の「Brazil(邦題:未来世紀ブラジル)」
は、ストーリーとブラジルはなんの関係もない。
使われている曲のタイトルが「ブラジル」というだけである。
いかにも人を食ったタイトルだ。

本書も、内容とタイトルはなんの関係もない。
北京もでてこなければ、秋でもない。
タイトルからは、内容はまったく想像できないのである。
それからもわかるように、本書はかなりの実験作だ。

ストーリーらしきものを紹介するとすれば、
あるどこかの砂漠に鉄道を敷く一大事業に
まつわる人間模様といったところか。

しかし、この小説ではストーリーはさして重要ではないと
思われる。
非現実的な設定、飛躍したイメージ、斬新な描写、
読者は、ヴィアンの奔放な想像力に振り回される。
その酩酊感が何よりすばらしい。

だが、一応の主人公らしきアンジェルの純愛(片思い)も
一つのモチーフとなって読者の胸に突き刺さる。
してみると、これは破天荒を装った愛の物語か?
あるいは死の予兆か?
登場人物の何人かはあっさりと死んでしまうからだ。

解説が安部公房というのもうれしい。
氏は、この作品と比較できるものといえば、
カフカが書いた『不思議の国のアリス」か
ルイス・キャロルの書いた『審判』ではないか
と述べている。

なるほどなあ。
それくらい不思議世界なのである、この作品は。
ヴィアン、恐るべし。

|

« !(ビックリマーク) | Main | 断頭島(ギロチンアイランド) »