« 旅のラゴス | Main | 匣の中の失楽 »

2017.02.24

10月はたそがれの国

●『10月はたそがれの国』レイ・ブラッドベリ
  (創元推理文庫)

本書を購入したのは中学生か高校生のときだった。
すぐ、ブラッドベリに夢中になった。
ブラッドベリのほかの本を本屋に注文したが、
当時は、『火星年代記』も『華氏451度』も
『太陽の黄金の林檎』も品切れだった。
そのことが、ますますブラッドベリ熱を高めた。

この本は、すぐに読んでしまうのが惜しくって、
1作品ずつ大切に読んだ。
幻想、怪奇、恐怖、たそがれの国に迷い込んだ。
とくに、「みずうみ」のような叙情的な作品が好みだった。

しかし、そのうち、一時、ブラッドベリ熱も冷め、
本書は途中まで読んで本棚にしまわれたままとなった。
あまりに大事にしすぎたせいだった。

今回、改めて、あの頃の高揚感を思い出しながら、
最初から読み直し、完読した。
改めて感動した。
あれから、45年以上、待たせたね。
待ってくれていてありがとう。

ブラッドベリが泉下の人となってすでに久しい。
本書を買った当時と違って、いまではブラッドベリの
代表作は容易に手に入るようになった。
どの作品も良かったが、僕にはやはり、本書が原点だ。
ああ、何もかもが懐かしい。
自分の無限の可能性を信じていたあの頃。
こんなに胸に迫る読書体験は久しぶりだった。

|

« 旅のラゴス | Main | 匣の中の失楽 »