« 久生十蘭「従軍日記」 | Main | 生ける屍の死 »

2017.08.03

成吉思汗の後宮

●『成吉思汗の後宮』小栗虫太郎(桃源社)

既読のもの以外の作品を読んだ。
全体がⅠ部とⅡ部に分かれていて、
Ⅰ部が異郷の伝奇もの、
Ⅱ部がヨーロッパ系伝奇もの
となっているようだ。

虫太郎の異郷ものは、未知の世界への
ロマンティシズムを感じさせる。
その結晶が『人外魔境』シリーズなのだけれど、
よくも、講談師みたく、まるで見てきたように
書けるものだ。

虫太郎は得意の語学力を活かして、
海外文献を渉猟したのだろう。
その労力には頭が下がる。

これで、虫太郎のほぼ全作品は読破したことになる。
虫太郎は、法水麟太郎ものが最上だが、
長生きしていれば、もっともっと新境地を拓いたこと
だろうと思う。
それだけが残念だ。

|

« 久生十蘭「従軍日記」 | Main | 生ける屍の死 »