« 百鬼園随筆 | Main | 第一阿房列車 »

2017.11.11

続百鬼園随筆

●『続百鬼園随筆』内田百間(新潮文庫)

内田百間(門構えに月)の第二随筆集。
百鬼園先生が怒りまくる「立腹帖」「続立腹帖」。
知人の死を悲しむ「鶏蘇仏」「破軍星」。
感情をあらわにする先生に共感する。

驚くべきは、先生が17歳のときに書いたという、
「文章世界入選文」。
恐るべき筆力。
こんなの私にはこの年になっても書けないや。
まあ、当然だけど。

|

« 百鬼園随筆 | Main | 第一阿房列車 »