« かがみの孤城 | Main | 月の満ち欠け »

2018.05.20

崩れる脳を抱きしめて

●『崩れる脳を抱きしめて』知念実希人(実業之日本社)

医療ものミステリー。
であると同時に、ベタな恋愛ストーリーでもある。

研修医の主人公は研修先の、とある
富裕層向け療養型病院である女性患者と出会う。
女性患者は悪性の脳腫瘍を患い、その「爆弾」が
いつ爆発してもおかしくない状態だった。

借金を残して家出した父を恨んでいる主人公は、
この女性患者によって、その心の闇から
解き放たれてゆく。
主人公は、女性患者への恋心を打ち明けられないまま、
研修期間が過ぎてしまった。

ここまでが第一章だが、物語は第二章に入って、
急速な展開を見せる。
読者は二転三転するストーリーに翻弄され、
最後に大どんでん返しが待っている。

意外な感動作であった。

|

« かがみの孤城 | Main | 月の満ち欠け »