« 記憶喪失の君と、君だけを忘れてしまった僕。 | Main | いまは、空しか見えない »

2018.07.28

スクラップ・アンド・ビルド

●『スクラップ・アンド・ビルド』
 羽田圭介(文春文庫)

第153回芥川賞受賞作。
勤めていた会社を退社した主人公・健斗は、
単発のアルバイトをしながら実家で
行政書士の勉強をしている。

同居しているのは母親と祖父だ。
今年87歳になる祖父は、日がな薄暗い
部屋のベッドで寝転がっている。
別に寝たきりというわけではない。
口癖は「早う迎えにきてほしか」。

健斗はふと、あることに思い至る。
「自分は今まで、祖父の魂の叫びを、
形骸化した対応で聞き流していたのではないか」
祖父が求めているのは「苦痛や恐怖心さえない
穏やかな死」なのだ。
それを実現してやれるのは自分しかいないと
健斗は思った。

そして、祖父に楽をさせるように、できるだけ
「手をさしだす介護」をするよう心がけることにした。
つまり祖父がなるべく自分で動かないように仕向け、
体を衰えさせて死期を早めてやろうというのだ。

健斗は、それを実行に移す一方、自分の体は、
筋力トレーニングで鍛えていった……。

就職活動をしながら、なんとなく不安な毎日のなか、
祖父とのやりとりは飄逸でもある。

老人のもつしたたかさと、それに否応なく振り回される
若者の苦闘。

作者は、先行きの見えない日本の現状と、
高齢化社会の問題をみごとに戯画化してみせた。

|

« 記憶喪失の君と、君だけを忘れてしまった僕。 | Main | いまは、空しか見えない »