« January 2019 | Main | June 2019 »

2019.04.22

悪魔の手毬唄

●『悪魔の手毬唄』横溝正史(角川文庫) 

『悪魔が来りて笛を吹く』に続けて読んだ。 
舞台は兵庫県との境にある岡山県の鬼首村 
(おにこべむら)。 
この村には、いまでは高齢者しか知らない 
不思議な手毬唄がある。 

事件はこの手毬唄の歌詞をなぞるように、 
起きてゆく。 
クリスティの『そして誰もいなくなった』 
などでもお馴染みの趣向だ。 
ただし、この手毬唄の存在が発覚するのは、 
すでにいくつかの殺人が起こったあとだ。 

横溝正史の作品を読んでいて感じるのは、 
「血」の問題だ。 
血は争えないというが、血が事件を引き起こし 
ていく。 
本作でも「血」は重要なキーとなっていた。 
「血」が現在の事件と二十年前の迷宮入り事件 
を結びつける。 

横溝正史の魅力の一つはまさしく、日本人の 
「血」の問題をテーマにしていることだと思う。

|

2019.04.12

悪魔が来りて笛を吹く

●『悪魔が来りて笛を吹く』横溝正史(角川文庫) 

実は、横溝正史はまだ『獄門島』と『本陣殺人事件』 
しか読んだことがない。 
角川映画でブームになった頃も乗らなかった。 
『八つ墓村』や『犬神家の一族』は映画で観たが、 
原作は読んでいない。 
決して嫌いな作家ではないし、むしろ好きなのだが、 
ブームに乗るのが嫌だったのだろう。 

しかし、好きな作家で未読の本がたくさんあるのは、 
楽しみなことである。 
本書も、やるせないような人間の性をめぐる謎解き 
物語で読ませる。 

帝銀事件をモデルにした宝石店大量殺人事件の容疑者 
となった椿子爵の自殺に始まって、椿家関係者が次々と 
犠牲になっていく。 
殺人現場で奏でられる椿子爵が作曲したフルート曲 
「悪魔が来りて笛を吹く」。 

果たして、一連の事件は死んだはずの椿子爵の復讐なのか。 
一癖も二癖もある登場人物たち。 
椿家関係者が抱える深い闇が、金田一耕助によって、 
解き明かされていく。 

いいねえ、横溝ワールド。 
なにより書き込まれたディテールが効いている。 
密室殺人を扱っても無理やり感を感じさせない。 
根強いファンが多いのも頷ける。

|

2019.04.03

第四の扉

●『第四の扉』ポール・アルテ(ハヤカワ文庫) 

平岡敦訳。 
アルテはフランスのミステリ作家。 
ジョン・ディクスン・カーの影響を受けてミステリを 
書き始めたという。 
そのためフランスのカーと呼ばれている。 
本書は作者にとって2作目に当たるが、1作目が限定出版 
だったので、実質的なデビュー作といえる。 
タイトル、舞台設定、謎解きなど、なるほどカーの作品を 
彷彿とさせる。 

ある田舎町にある幽霊屋敷。 
主の夫人が凄惨な自殺を遂げたいわくつきの屋敷だ。 
間借り人はなぜか逃げ出すよに去ってしまう。 
そこに新しく間借りしたのが霊能力者の夫妻だ。 
ある日、夫妻は自殺した夫人の交霊実験を試みるが、 
思わぬ殺人事件が起こる。 
完全な密室殺人だ。 

次々と起こる怪事件に、読者はいったいどのような 
解決策があるのか大いに興味をそそられる。 
後半では見事に事件が解決されるのだが、 
最後の一行まで仕掛けが施されている。 
ええっ、そうだったの。 

密室殺人の解決にはどうしても無理が生じるものだ。 
決して嫌いではないが、やはり腑に落ちる 
人間ドラマが欲しくなってしまう。 
それでも不可能犯罪に挑戦するアルテには脱帽する。 
アルテにはまだ未訳の作品が多くあるが、 
既に訳された作品をもう少し読んでみる気になった。

|

« January 2019 | Main | June 2019 »