« April 2019 | Main | October 2019 »

2019.06.27

斜陽・人間失格

●『斜陽』太宰治(角川文庫) 
●『人間失格』太宰治(新潮文庫) 

両書とも高校時代以来の再読だ。 
初読後、三島由紀夫にかぶれたせいで、 
太宰作品とは遠ざかっていた。 
三島由紀夫は大の太宰嫌いだったからだ。 

いまさらながら再読したのは、太宰作品が 
暗くて嫌いという最近の身近な何人かの評による。 
いい加減、暗いとか明るいとかだけで、 
評価するのはやめてくれないか。 

文学が相手にするのが「人間」である限り、 
明るい面もあれば暗い面もある。 
暗くて何が悪い。 
そもそも、太宰作品には、独特のユーモアがある。 
それをただ暗いと断ずるのがおかしいのだ。 

たしかに、『斜陽』にも『人間失格』にも、 
「死」の陰はある。 
しかし、「死」は文学の最大テーマだ。 
「死」を考えるからこそ、「生きる」ことの 
真実が見えてくる。 

久方ぶりに再読してみて、意外と内容を覚えて 
いるものだなあ、と感心した。 

やはり名作というのは、若い頃に一度読んで 
おいたほうがいい。 
それを後年再読する喜びは何ものにも代えがたい。 

いずれにしろ、幸福な読書時間を与えてくれた。

|

2019.06.20

真夏の方程式

●『真夏の方程式』東野圭吾(文春文庫) 

本屋でめぼしいミステリーを漁っていると、 
つい当たり外れの少ない東野作品に手が伸びる。 
多作な作家なので、とても全作品を読みきれて 
いないが、いままでハズレはない。 

東野作品に共通していえるのは、どれも一種の 
「人情物」であるということだ。 
トリックも練りに練られているが、事件に至る 
までの人間模様に惹きつけられる。 

本書はガリレオシリーズの第6弾。 
舞台は架空の観光地、玻璃ヶ浦。 
仕事で当地を訪れた湯川は電車の中で知り合った 
少年、恭平の叔母一家が経営する旅館に宿泊する。 

事件はその夜起こる。 
同じ旅館に宿泊していた客が変死体で発見されたのだ。 
しかも、その客は元刑事だった。 
当初、単なる落下事故であると思われたが、解剖の結果、 
死因は一酸化炭素中毒であったことが判明する。 

湯川と県警とガリレオシリーズではお馴染み警視庁の 
草薙、内海コンビの捜査が三つ巴で進む。 
やがて、死亡した元刑事と意外な人物との関係が 
明らかになってゆく。 

湯川にとっても、少年、恭平にとっても、忘れられない 
夏になる予感を漂わせて物語は終わる。 
東野圭吾らしい感動作だ。

|

2019.06.08

化鳥・三尺角

●『化鳥・三尺角』泉鏡花(岩波文庫) 

「化鳥(けちょう)」「三尺角(さんじゃくかく」ほか 
「清心庵」「木精(三尺角拾遺)」「朱日記」 
「第二菎蒻本」「革鞄の怪」「茸の舞姫」が収められている。 

仕事の関係で赤坂に行ったとき、老舗書店「金松堂」で購入 
した本。久しぶりに鏡花を読んだ。 
詳細な注がついているし、収録された作品も鏡花としては 
すぐ理解しやすい作品ばかりだ。 
上質な幻想短編集といえるだろう。 

私が鏡花にハマるきっかけをくれたのは三島由紀夫だった。 
いまは手元にないが、ある文学全集の鏡花集の解説だったか、 
月報だったか。三島由紀夫が鏡花の復権を訴え、いますぐ 
鏡花全集に赴こうというような檄を飛ばしていた。 

当時、大学を卒業したばかりで、遅ればせながら就職活動を 
していた私は、会社説明会を抜け出して、神保町の書店で、 
なけなしの金をはたいて岩波書店の『鏡花全集』を購入した。 

どうやって家まで持ち帰ったのかよく覚えていないのだが、 
おそらくリュックに詰め込んで、入りきらなかった分は袋に 
入れたのだろうと思う。 
別巻を入れて三十巻の本をよく一度で運んだものだ。 

本書を読んで、そんなはるか昔を思い出した。 
急に懐かしくなって、手元にあった鏡花の文庫本を 
片っ端から読んでみた。 
『高野聖・眉かくしの霊』『春昼・春昼後刻』『草迷宮』 
『夜叉ケ池・天守物語』『日本橋』『照葉狂言』 
『鏡花短編集』(以上岩波文庫)『歌行燈・高野聖』 
(新潮文庫) 

鏡花ワールドにどっぷり浸かった一週間だった。

|

« April 2019 | Main | October 2019 »